利回りランキング

投資は株主優待の利回りランキングを参考にしよう!

日本投資の独自の株主優待というものがありますが、その株主優待利回りランキングから投資をするものを選ぶことによって勝率を上げることも可能になります。
利回りランキングは配当とその株主優待を合わせて金額にして現在の株価の単元株で割ったものの数字のランキングになります。
1000円の株で100株買って配当金が30円で株主優待が2000円の価値のものであれば、株主優待と配当を合わせると5000円になりますので、利回りが5パーセントと考えることができます。

過去数年間を見ますと、この株主優待利回りランキングを参考にして株を購入しているといい成績を残せています。
その中でも、お勧めなのが自社のサービスを株主優待にしているところになります。自社のサービスは来てくれると会社側にもメリットがあり、株主側にもメリットがあるのでそれぞれにメリットが大きいものになります。
会社側から見ると収益にもメリットがあり株価が上がるので現在は、一般の方へのサービス業だとほとんどの会社がこの株主優待を導入しております。50パーセント以上の割合では導入されているでしょう。

この株主優待ランキングの利回りが高い株の共通点は、やはりこの自社サービスを株主優待にしているところになります。
現在は、投資金額も高くない銘柄が上位に来ていますのでこのあたりの銘柄はとてもお勧めになります。

しかし、この数年株価も上がっていますので、指標的に割高な銘柄も存在します。
その点その株価を支えている株主優待がなくなると暴落の可能性があるので注意する点ですが、自社サービスの場合はなくなる可能性そのものが低いのでその点は心強いです。
ここでは、この株主優待の利回りが10パーセントを超える銘柄の説明と共通点などを探っていきたいと思います。
現在は市場も株価が上がってきていますので、昔ほどはありませんが、現在でも多く存在しております。投資金額もそこまで大きくないものも多く存在しています。

優待利回りが10%を超える銘柄は存在する!?

優待利回りが10パーセントを超えている銘柄は、やはり小売り業に多いです。現在人気の株主優待の一つに大手スーパーのイオンがあります。
これは、現在の投資金額は16万円前後になりますがイオンで買い物をした3パーセントを還元してくれます。
つまり、イオンで50万円買い物をすれば15000円が返ってくることになります。イオンは、配当金も2000円程度ありますので合計すると17000円が返ってくることになります。

現在日本で一番人気のある優待利回りが10パーセントを超える銘柄はこのイオンでしょう。
イオンであればそこで買い物を中心にしている人であれば年間50万円程度買い物をする人は多くいるでしょう。そのような人たちにはとてもお勧めな銘柄です。
指標的にもそこまで高くはありませんので、その点でもお勧めです。イオンにとっても収益的にプラスですので、優待がなくなる心配もありません。

それ以外も利回りランキングが10パーセント超えている銘柄はこのような小売り銘柄が占める割合は非常に大きいです。
大手百貨店の三越伊勢丹も三越伊勢丹で買ったものの10パーセントを還元してくれます。
投資金額は11万円程度ですので、三越伊勢丹で年間10万円買い物をする人であれば利回りが10パーセント超えてくることになります。
三越伊勢丹は配当金も1000円程度ありますので、投資金額11万円に対して優待利回りが11000円で10パーセントを超えてくることになります。
このように、株主優待は、自分がよく使ってるお店が行っていると自分自身にとってとても価値の高いものになります。
この株主優待利回りランキングを参考にして、自分の使っている店が入っているかどうかを考えると自分にとってメリットが大きくなるでしょう。