初心者必見!スマホの株アプリで投資してみよう!

昔は株の取引は証券会社に電話をして発注をしていましたが、インターネットの発達や高速回線の普及によって、自宅のパソコンからも発注ができるようになりました。
そして現代では機械の小型化により、スマートフォンや携帯からでも簡単に株の取引をすることができます。
中でもスマートフォンのアプリは、各証券会社が高性能なものを無料で提供していますので、パソコンと変わらないスピーディーな取引をすることができます。
スマートフォンで取引をするメリットは、取引場所を限定されない点にあります。
外出中でも通勤電車の中でも、はたまたトイレの中でも取引をすることができます。パソコンの前にいる必要はありませんので、チャンスを逃すことがなくなるでしょう。

高性能なアプリには情報収集のためのツールもたくさん用意されており、株のニュースはもちろんのこと、株価に影響を与える為替ニュースや決算情報、経済指数の発表など、さまざまな情報を無料で閲覧することができます。
日本国内の証券会社は自社でアプリの開発をしているところも多く、初心者向けの操作性に優れたものを提供しています。

回線速度が遅いとどうしてもリアルタイムなデータを取得することができず、表示されたチャートと実際のものに乖離が発生することがあります。
しかし4G(LTE)回線であれば自宅のインターネットの速度と変わらないような速度で通信ができるため、リアルタイムチャートを表示することもできるでしょう。
為替ニュースなどテキストもデータ量としては少ないので、スピーディーにダウンロードができます。
株の取引では成り行きや指値で取引をすることができますが、特に成り行きではリアルタイムのレートがどうかが非常に重要です。
乱高下するような銘柄では、実際に注文を出したときの価格と、表示されている価格が違ってくることがあるからです。わずかな差額でも単元が大きければ購入価格も変化してしまいます。

機能別にアプリを使い分けて投資生活を!

スマートフォンのアプリには便利な機能がたくさんありますが、時には使い分けをすることも重要です。
複数の画面を表示したりウィンドウを切り替えるような動作では、どうしてもパソコンのほうが操作性に優れており、有利だからです。
時にはパソコンの前でスマートフォンの操作をするのも良いかもしれません。情報収集をスマートフォンで行い、発注を入力の早いパソコンで行えば、上手に2つのデバイスを使い分けることができます。

初心者が注意しなくてはならないのが、常にチャートを見張ってしまうという点です。
スマートフォンアプリは確かに便利で情報もすぐに取得することができますが、常に価格を見ていてはトレーダー自身が疲れてしまいます。
疲れた心で取引をすれば失敗するリスクもありますので、時には相場から離れることも重要なのです。
使い分けをする場合にもう1つ注意しなくてはならないのが、誤発注です。
複数の操作をしていると、うっかり人的なミスで間違えた注文をしてしまう可能性が出てきます。取引量を10倍にしてしまったり、売りと買いを逆にしてしまうと言った誤発注はよくあることです。

証券会社側でアプリのアップデートも行われます。アップデートがあるとボタンの位置が変更になったり、操作性が変わってくることもあります。
使い慣れるまで焦って注文を出すようなことは避けるようにしましょう。
アプリは大変便利で情報取得も簡単に行うことができます。何より場所を問わず取引できるというメリットが大きいでしょう。
せっかくのチャンスを逃さないため、スマートフォンには取引している証券会社のアプリを入れ、起動しやすい位置にレイアウト変更しておくと良いでしょう。