ヤマダ電機で株主優待を受ける男性

ヤマダ電機の株主優待を受けてみよう!

ヤマダ電機の株式を購入すると、株主優待を貰うことができます。
ヤマダ電機の株主優待を貰うためには、3月末と9月末で株主であることが条件になります。
100株から購入することができ、100株単位で売買をすることができます。株主優待を貰うためには、100株以上保有していれば、株主優待を貰うことができます。
ヤマダ電機の株主優待は、保有している株数や、株式の保有期間によっても貰うことのできる優待割引券の枚数に違いがあります。

株主優待の内容は、ヤマダ電機で使用することができる500円分の優待割引券になります。
これが、保有している株数や、株式の保有期間によって枚数に違いがあるのです。

例えば、3月末に100株以上500株未満保有している株主は、2枚の優待割引券を貰うことができます。
しかし、同じ株数を保有している株主でも、1年以上継続保有している場合は、優待割引券をさらに3枚、2年以上継続保有している場合は、優待割引券を通常よりも4枚多くもらうことができます。
余分に多く貰うことができる優待割引券の枚数は、保有している株数が多くなっても変わりはありません。

また、保有している株数によっても、保有期間に関係なく貰えることができる優待割引券の枚数が違いがあります。
3月末に株主だった場合は、100株以上500株未満で2枚、500株以上1000株未満で4枚、1000株以上10000株未満で10枚、10000株以上で50枚の優待割引券を貰うことができます。
この基本の枚数に、継続保有した期間によって、さらに優待割引券を貰うことができます。
これは、3月末時点で株主であった場合ですが、9月末時点で株主だった場合は、貰うことができる優待割引券の枚数が少し違います。
株式の保有期間に関係なく貰える優待割引券の枚数は、100株以上500株未満で4枚、500株以上1000株未満で6枚、あとは3月末時点に貰える枚数と同じになります。
これに、1年以上継続保有している株主は、さらに1枚多く貰うことができます。

ヤマダ電機内で販売の日用品にも使える優待割引券

ヤマダ電機の株主優待は、1枚500円分のヤマダ電機で利用できる優待割引券になります。
合計1000円以上の現金による買い物につき、この優待割引券を1枚使うことができます。そして1回の買い物につき、最大で54枚まで使うことができます。
つまり、1000円につき500円割り引きされるので、割引率でいったらとても魅力的に買い物をすることができます。
ヤマダ電機で買い物というと、電化製品の購入するというイメージですが、ヤマダ電機には、ティッシュペーパーや洗剤といった日用品や、飲み物、本やおもちゃなども売っています。

電化製品は、頻繁に購入することはありませんが、こういった日用品や飲み物などなら普段から購入するものなので、優待割引券も使う機会があります。
日用品を購入しても、1000円の買い物につき500円の割引になるので、半額になる割引率になるのはとても魅力的です。
ヤマダ電機の株価に対する優待利回りを計算した時に、優待利回りがあまりに低いと、リスクを負ってまで、ヤマダ電機の株式を購入して、優待割引券を貰う必要はありません。
年間に貰うことができる優待割引券の枚数と、ヤマダ電機の過去5年の株価から考えると、高い時の株価で株式を購入したとしても、銀行に預けておくよりも、はるかに良い優待利回りになっています。

優待割引券を貰っても、使うことがないと意味がないですが、日用品や飲み物、本などといった、ヤマダ電機で販売しているものなら使うことができるので、優待割引券も使いやすいものになっています。
もちろん、どんなに魅力的な株主優待が貰うことができる銘柄でも、株式売買にはリスクがあるので、それを理解したうえで株式を購入する必要があります。